mitsuba+one

日々のできごとや、ハンドメイドの記録

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

帰省の日記・その3

 24, 2009 13:39
さて、帰省の日記もこれで最後です。

15日のお昼は、福岡アジア美術館で開催されていた「絵本ミュージアム」へ。

090815_1210~0001-m

1000冊ほどの絵本が展示・閲覧できるようになっていて
みんな自由に読めます。
絵本大好きな長女は、楽しげな展示などそっちのけで
何冊も絵本を読みふけっていました。

090815_1208~0001-m

次女はまずお菓子の家に突入。

CA330302-m.jpg

恐竜に食べられそうになったり。
絵本もいっぱい読んで、満喫。

CA330304-m.jpg

同時開催の「ムーミンの世界」展の妖精教室で、ふたりとも妖精さんに変身。
(わかりにくいですが、マリーのほう、黄緑のチョッキを借りて着ています。)
ムーミンの世界の、妖精の生態・生活・踊りなどを学んでいたらしいです。
(母、ずっとナナを追いかけまわしていたため、内容は把握できず。)

後ろに写っている子が連れているぬいぐるみが、ムーミンです。
(マリーは、ムーミンの本物に会えるんだと期待していたらしいです・・・
フィンランドに行ったって、早々会えませんヨ!)

090815_1538~0001-m

絵本とムーミンを満喫した後は、キャナルシティに移動し
お昼ごはん&噴水遊び。

地面からぴゅっぴゅっと水が噴出すこのスポットは、いつも子供たちでいっぱい。
ずぶ濡れで遊ぶ子もいれば、最初から水着持参で遊んでいる子もいます。

マリーもずぶ濡れになりたがりましたが、この日は着替え持参でなかったので
地味なほうの噴水で、気をつけて遊ぶことに。
それにしても、本当に子供って、水遊びが好きですね(^-^)
親も何も考えず、一緒になって水浴びすると気持ちいいんでしょうけど。
時々うらやましいです。

この日の夜は近所の砂浜で花火大会。
ほぼ地元民しか集まらないような地味なイベントかと思いきや
内容は思っていたより、かなり豪華絢爛!
浜辺でゆっくり座って、楽しめました。

この「姪浜花火大会」、調べてみると今年で22回目。
精霊流しと共に、毎年行われているそうです。
そういえば、実家に住んでいたころ、何度か砂浜で見ましたが
毎年あっていたなんて気づかなかった!
もったいないことをしていたものです・・・

マリーは、波打ち際で足を濡らして遊んでいる子供たちと一緒に
何故かひとりだけ全身ずぶ濡れになって遊んでいました。
アフォですか?ヴァカですか?と真剣に問いたくなった瞬間でした。

さて、日にち変わって16日。
この日は妹と一緒に箱崎宮の骨董市に出かけました。

マリーは朝からおじいちゃんと海水浴を楽しんだ後の出陣。
疲れないんでしょうか。子供ってすごい。
(わたしとナナはその後のことを考え、家でゆっくり過ごしていました。)

090816_1321~0001-m

妹は朝一から、家族で来ていたみたいで、わたしたちが到着したころには
既に大物家具などをお買い上げした後で、シャビーな家具もダンナさまも
息子しーたんも、暑さのため既に退散した後でした・・・会いたかったわ。

結局何だかんだでうちの娘たちと妹の息子・しーたんとのスリーショットを1枚も撮れてません。
何てこった。
君たち、頼むからいい感じに集合して、いい感じに大人しくしていてくれたまえ。

090816_1315~0004-m

骨董市は、日本のものはもちろん、フランスのアンティーク雑貨も豊富。
手づくりの木工品なども素敵なものを出品されている方が多くて
時間を忘れて見ていたい感じでした。

どうやって千葉まで持ち帰るつもりだ、という感じですが
写真の白い壁掛け棚の小さい方をお買い上げ。
かなりお安くしていただけましたo(^▽^)o
(帰省の最終日に、ダンボールに衣類などと一緒に無理やり詰め込んで
自宅まで送りました。何とか無事到着しました。)

090816_1316~0001-m

子供たちは、笛をお買い上げ。
昭和レトロな雰囲気漂う笛のおもちゃです。

他にも、長女が他のお店の人と仲良くなって
かえるの空気で飛び跳ねる式のおもちゃをタダでいただいてしまったり
どのお店の人たちも温かで、人とのふれあいも楽しめる
とても素敵な市でした。

毎月のようにやってるみたいです。
(来月はありません。多分方丈会という大きなお祭りがあるから?)
近所でこんなイベントやってるところないのかしら・・・

17日は遊べる最終日。

実家の近所の港から出るフェリーに乗って
能古島まで行ってきました。

CA330310-m.jpg

フェリーの出る港まで30分足らず。
港から能古島までフェリーでたったの10分と、
実に手軽なレジャーです。

ただ、本格的な海水浴やバーベキューのようなレジャーの準備をしていかないと
なかなか手軽に楽しめる島ではありません。
何もないところなので・・・
(のこのしまアイランドパークというところがありますが、個人的にはイマイチ・・・)

次に出るフェリーで、すぐにとんぼ帰りしました(^o^;)
今日は、フェリー乗船を楽しむ遊び、ということで・・・

その後は、近場の遊び場で遊んだり、買い物したり・・・
最終日を楽しく過ごしました♪

夜は縁側で最後の花火。
これで夏も終わりだなぁ・・・という感じです。

以上、帰省の夏の思い出日記でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ←さくっとまとめるつもりだったのに、書けば書くほどダラダラとのびていくのをどうにかしたい今日このごろ。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。